pagetop

沼津中央動物病院
インターネットでのご予約
電話:055-920-3311
Home  >  診療案内  >  腫瘤に対するアプローチ

腫瘤に対するアプローチ

腫瘍科手術
癌治療に対する当院の考え方

動物が長生きをすることが多くなった現在、ヒトと同様、動物にも腫瘍を認める機会が増えました。一言に腫瘍と言っても様々な種類が存在します。しこりを見つけた場合、外見のみでは腫瘍の種類や悪性度等の判断は困難であるため、まず一部の細胞を採取し顕微鏡により判断します。さらに詳細な検査が必要な場合には、腫瘍組織を採取した上で病理検査を実施します。

これらの結果から、悪性度が高く摘出可能な場合には外科手術を実施します。抗癌剤投与について質問を受けますが、当院では抗癌剤が有効なリンパ腫等の血液系の腫瘍を除き、基本的に抗癌剤を使用しておりません。残念ながら動物の場合、血液系の腫瘍以外に対する抗癌剤の有効性はあまり期待出来ません。その上抗癌剤は癌細胞にのみ作用するものではなく、正常な細胞にも作用するため重篤な副作用の可能性もあります。

腫瘍は動物が長生きをした結果として現れた老齢性変化の一つです。ヒトと異なり、動物たちは自分が病気であるかさえ知りません。癌治療にあたっては、特に動物が高齢の場合、ご家族との生命の質を優先させるべきではないでしょうか。もちろん、腫瘍により何らかの症状が現れ生活の質を落としている場合には、治療が必要なのは言うまでもありません。

その他、免疫療法(LAK療法、樹状細胞療法)・分子標的薬等の治療について質問をお受けすることがありますが、それらは臨床試験の域を出ておらずその効果は不確かです。

腫瘤に対するアプローチ

沼津中央動物病院 腫瘍科 手術実績

腫瘍(ガン等)について、よくある質問

腫瘍とガンて何が違うんですか?

とてもわかりにくいですね。腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。
このうち悪性は上皮性の癌(肺癌、皮膚癌等)と非上皮性の肉腫(骨肉腫、リンパ肉腫等)に分類されますから、ガンとは悪性の内の一部を指しているのですね。一般の方には分かり易く、悪性=ガンとして説明されることが多いようです。

ガンならもう治らないのでは?

悪性腫瘍でも獣医学の進歩によって治癒する症例も増えてきました。
また治癒することが不可能な場合でも、治療によって生活の質を上げることが出来ます。

しこりが見つかったのですが、ガンでしょうか?

しこりには炎症、良性、悪性等色々な原因が考えられます。
問題はどのタイプでも初期はしこりだけで見分けがつきません。当院ではこの段階で細胞診を行い治療方法を決めます。 不安な方は早期の段階の細胞診をお勧めします。

ガンを早くみつけるにはどうしたらいいの?

体の表面の腫瘍はよく触ることで見つけることが出来ます。ですが腫瘍は体の表面だけではなく、体の中にも発生します。これらの腫瘍を発見するためにはレントゲン検査や超音波検査が必要です。ではどんなことが起こったらそのような検査をすればよいのでしょうか?
最近体重が急に減ってきた、お腹を触るとかたい、お腹の中に何かがある、咳をする、等の症状が認められた場合には詳しい検査が必要です。いずれの症状も気が付きにくいので、各種予防などで日頃から病院にお立ち寄り下さい。早期に発見が出来る可能性が高くなります。

抗ガン剤って副作用が強いのでは?

最近は色々なタイプの抗ガン剤が使用されています。
その使用の大原則は生活の質を低下させないこと。使用方法により効果、副作用に大きな差があります。
当院では腫瘍科専門医による化学療法を実施しております。

化学療法って?

いわゆる抗癌剤を使う治療です。よく誤解される方もいらっしゃいますが、抗癌剤だけで悪性腫瘍を治すことは出来ません。リンパ腫や白血病など化学療法が治療の軸となる悪性腫瘍もありますが、外科手術後に再発や転移を防ぐ目的で使用される補助的化学療法が主体です。ただし腫瘍によってはその効果は限られ、生活の質に悪影響を及ぼす可能性もあります。当院では科学的検証が行われている化学療法に限り、腫瘍科専門医の厳重な管理下のもとで治療を実施しています。

放射線療法って?

脳腫瘍や外科手術でとることが出来ない悪性腫瘍に対して放射線を使用して治療します。また手術中、手術後に補助的に放射線をあてて再発を防ごうとする方法もあります。
放射線療法には特殊な施設が必要です。必要な場合、当院では経験の豊富な放射線腫瘍科獣医師が在籍する大学病院へご紹介しています。

代替療法って効くの?

以前からサルノコシカケ、アガリスク、軟骨ザメエキスと多くのサプリメントが使用されてきましたが、多くのものは有効性を証明出来ず、何年かすると話題にも上らなくなります。また、中には発ガン性があるものまで出てきました。代替療法に期待するお気持ちはよくわかりますが、むしろ有害な場合もあります。使用にあたっては獣医師にご相談下さい。

沼津中央動物病院、診療案内
  • 腫瘤に対するアプローチ
  • 各種予防(イヌ)
  • 各種予防(ネコ)
  • アトピーに対するアプローチ
  • 動物たちが家族に加わったら
  • 眼科